【保存版】第二新卒の転職に潜む3つの地雷を回避する方法【とりあえず3年おじさんの恐怖】

キャリア

どうも、Puffです。
第二新卒での転職を経験しており、大手企業(日系・外資含む)から複数の内定を頂きました。

 

先日に下記のツイートをしました。

 

◆深夜の転職ぶっちゃけトーク
・第二新卒は新卒就活にミスった人のセーフティネットだから、もっと流行るべき。とりあえず3年おじさんは害悪。
・斜陽業界からはすぐ逃げるべき。
・転職エージェントは同じ会社でもピンキリ。見極めが大事。

 

 

本記事で詳細を深堀りしていきます。

 

 

第二新卒の転職に潜む3つの地雷を回避する方法

結論として、下記3点です。
①「とりあえず3年おじさん」は無視しよう
②斜陽業界からはすぐ逃げるべき
③転職エージェントは担当者の見極めが大事

 

①「とりあえず3年おじさん」は無視しよう

1点目です。結論ですが、「とりあえず3年おじさん」は無視でOKです。理由は、合わない職場でとりあえず3年働くことは危険だからです。具体的には下記のとおりです。

 

合わない職場でとりあえず3年働くとどうなるか?
⑴自分に合わない職場で消耗する
⑵思考停止してとりあえず3年働く
⑶第二新卒者の資格を失い、不利になる
⑷第二新卒で転職すればよかったと後悔
⑸何も変わらない現状に絶望

 

 

補足ですが、「とりあえず3年おじさん」とは、第二新卒者の転職意欲を削ぐ人たちを指します。生息場所は、主に職場やSNSです。

とりあえず3年おじさん
「え?もう転職するの?3年も経ってないのに辞めるなんて、最近の若い奴らは根性がないなあ。この会社でやっていけないんだったら、他の会社に行っても同じだよ。」

 

 

・・・割とよく見かけますね。無視でOKです。

 

 

ちなみに、3年目で転職を始めるのは少しぎりぎりです。理由は、転職には数か月かかるからです。思ったように結果が出ずに、その間に第二新卒の資格を失わないようにしましょう。

 

そのため、「2年目くらいには転職モードに徐々に切り替えていくぞ」くらいでいいかと。早め早めの行動が大切です。

 

②斜陽業界からはすぐ逃げるべき

2点目です。結論は、斜陽業界からはすぐに逃げるべきです。理由は、下記です。

斜陽業界から逃げるべき理由
・給料が低いまま上がらない
・職歴が評価されにくい
・未来がないので、安心して働けない

 

ぶっちゃけ、斜陽業界は長く働くほど未来が暗くなっていきます・・・。先輩や同僚は「諦めモード」な人が多いかと思いますが、何も行動しなければあなたの将来は彼らと同じコースです。行動しましょう。

 

③転職エージェントは担当者の見極めが大事

3点目です。転職エージェントについて、同じ会社でもピンキリです。まずは担当者の見極めが大事です。その上で、イマイチだと判断した場合は、その方の上司に「担当者チェンジ」を申し出ましょう。私も2回ほど実践しましたが、スムーズにチェンジしていただき、改善しました。

 

よくあることなので、気にせずに使っていきましょう。

 

まとめ

今回は、第二新卒の転職に潜む3つの地雷についてお話ししました。

 

結論として、下記3点です。

・「とりあえず3年おじさん」は無視しよう
・斜陽業界からはすぐ逃げるべき
・転職エージェントは担当者の見極めが大事

 

徐々に行動して未来を変えていきましょう。応援しております。

タイトルとURLをコピーしました