【悲報】第二新卒が東京オリンピックまでに転職した方がいい理由【転職氷河期】

キャリア

第二新卒で転職を考えている人
「今の会社はもう嫌だ・・・。早く転職したい。東京オリンピック後に大不況が起こるらしいけど、第二新卒が気を付けることはありますか?教えてください。」

 

 

 

こういった疑問に答えます。

 

 

 

✓もくじ
1.東京オリンピック後には転職氷河期が来ます
2.第二新卒が最短で転職を成功させる方法

 

 

私自身、第二新卒で外資系大手企業に転職しています。今回は、「第二新卒が東京オリンピックまでに転職した方がいい理由」について、実体験をもとに解説します。

 

第二新卒は東京オリンピックまでに転職した方がいいです

 

結論として、第二新卒を考えているなら、東京オリンピックまでに転職した方がいいです。「まだ全く動いていない」場合は・・・少し焦った方がいいかもですね。

 

 

 

以下で、詳細を解説します。

 

 

1.東京オリンピック後には転職氷河期が来ます

 

結論としては、東京オリンピック後に転職市場は冷え込みます。具体的には下記の通り。

 

現在の転職市場(2019年9月現在)
・求人倍率は過去最高
・第二新卒求人が多数

      ⇩

将来の転職市場(2020年8月以降)
・求人倍率が下がる
・第二新卒求人が半減する

 

 

「そんなはずはない」と思った方もいるかもしれません。ただ、オリンピック後には、開催国の経済成長率が下がる傾向にあります。下記グラフのとおり、米国を除いて明らかに景気が悪化しています。

 

 


引用元:https://style.nikkei.com/article/DGXDZO45592940R30C12A8W14001

 

補足として、日本でも東京五輪の後に「昭和40年不況」が起こりました。

 

 

2020年8月以降、今よりも少ない第二新卒枠を、大量の応募者で奪い合うような未来が待っています。イメージとしては、転職氷河期ですね。

 

 

参考:転職しなかった同期達のその後

ここで30秒だけ私の体験談を話します。

 

体験談:

新卒入社した会社が斜陽業界でした。万年赤字体質で、入社2年で中間管理職の大量リストラ・本社の閉鎖が行われました。「これは逃げるべき」と判断した私は、すぐに転職活動を開始しました。結果的に、現職の外資系企業に転職できました。

 

先日、その会社の同期達と飲む機会がありました。「うらやましい」と言われたので、「転職はしないの?」と聞くと、大半が諦めているそうです。

 

理由は、まとめると下記の通りでした。
・忙しすぎて転職する時間がない
・工場勤務になったせいでエージェントと会う余裕がない
・もしかしたら業績が回復するかもしれない

 

どうやら、早めに動いた私の判断は間違いではなかったようです。同期達にもうまくいってほしいですが・・・。どうなるかは正直分かりません。

 

 

いぜれにせよ、早めに動いた方がいいというのは間違いないでしょう。「今はまだいいかな」と楽観視していると、思わぬ状況の変化に足をすくわれます。

 

2.第二新卒が最短で転職を成功させる方法

 

結論としては、今から準備を始めて、早めに逃げ切ることをおすすめします。こういった大不況は災害のようなものなので、早期に対策すればOKです。具体的には下記のとおりです。

 

・転職サイトや転職エージェントに登録
・職務経歴書を完成させる
・選考を受ける

 

 

詳細は下の記事でまとめています。是非お読みください。

【完全保存版】第二新卒から大手企業に転職するためのロードマップ【体験談】
【完全保存版】第二新卒から大手企業に転職するためのロードマップ【体験談】

 

 

まとめ

 

今回は、「第二新卒が東京オリンピックまでに転職した方がいい理由」を解説しました。早めに行動し、早めに決着をつけましょう。

 

 

タイトルとURLをコピーしました